東洋医学の伝統ある自然治癒の英知を毎日の生活へお届けいたします。

病気・健康の知識

生命力アップのツボ・命門(めいもん)

「〇〇は万病の元」と聞いて、あなたは何を想像されますか?「風邪は万病の元」「冷えは万病の元」などいろいろ出てくると思います。どれも正解ですが、冷えると風邪をひきますし、血液の流れも悪くなります。そう考えてみると万病の原因は、「冷え」なのかもしれません。

冷え対策におススメなのが「命門(めいもん)」への温灸です。命門は、第二腰椎と第三腰椎の間にあります。簡単に言えば、おへその真裏になります。

ここを温めると陽の気が強くなり、身体が温まるので腰痛にも効果があります。体が冷えるとトイレに行きたくなる方や、夜に何度もトイレに起きる夜間頻尿を治療するツボでもあります。

さらに腎を強くする命門への温灸には、生命力をアップさせる働きもあります。腎は精を蓄えて成長、発育、生殖をつかさどる生命力の中心となります。腎は冷えを嫌うと考えます。

また命門は精力増強のツボとして生命力を高めて元気を出すので、男性のED(勃起不全)や女性の不正出血、不妊症にもよく使われます。新たな命をもたらす命門は、まさに読んで字のごとく「命の門」なのです。冷え対策と生命力を高めるツボ「命門」に「邵氏温灸器」で温灸を当ててみて下さい。以前ご紹介したツボ「太谿(たいけい)」と合わせて当てて頂きますと、より腎の働きを高めて冷えを改善し、生命力アップにつながることと思います。

 

命門    小さいサイズ