東洋医学の伝統ある自然治癒の英知を毎日の生活へお届けいたします。

病気・健康の知識

若さを保つツボ・太谿(たいけい)

普段の生活の中であまり体を動かすことがない人は、足が冷えやすくなっています。体は血の巡りによって温まりますが、足の血の巡りは筋肉によって促されています。そんな足の冷え(下半身の冷え)に効果があり、また女性特有の症状「生理不順」「生理痛」にも有効で、「若さを保つツボ」としても知られる『太谿(たいけい)』を紹介します。

 

太谿の太の字は「大きい」や「盛ん」と言った意味で、谿の字は渓谷や渓流と言った意味です。太谿のツボは、足の裏の湧泉というツボから湧き出たエネルギーが渓流の流れとなって注ぐという意味のあるツボです。また腎臓の機能を高めるツボとしても知られています。腎臓が弱くなると、疲れやすい、発育の遅れ、性欲減退、早老化、頻尿、むくみ、腰痛、腰の重だるさなどの症状がでます。腎臓に働きかけて排尿機能を調節し、精力減退、体の疲れにも効果のあるツボです。

 

太谿は、非常に見つけやすい場所にあります。足の内くるぶしとアキレス腱との間のくぼみにあります(図参照)。押すと脈の拍動を感じるのが太谿です。

太谿_5

 

西洋医学でいう腎臓とは、血液をろ過して尿をつくる臓器で、老廃物を体の外に出したり、体液量を一定に保つ役割を担っています。東洋医学でいう腎は、生まれながらの生命力の源である精を蓄えていて、精は成長、発育、生殖などに関わる生命の根源的な働きを指しています。腎の働きが衰えることを「腎虚」といいます。老化現象として表れる症状として、耳鳴りや難聴、頻尿、残尿感、前立腺肥大、骨粗鬆症、腰痛、抜け毛、白髪などが挙げられますが、これらは腎虚の症状といわれています。腎の働きを高めるため、耳の温灸や太谿の温灸がオススメです。

 

当社の「邵氏温灸器」で太谿に温灸を10分から15分当ててみて下さい。足の先からほんわかと温まり、足の冷えの改善につながります。また腎の働きが高まるため、女性特有の症状「生理不順」「生理痛」「更年期障害」などにも有効です。腎の気が不足してくると腰痛を起こしやすくなりますが、太谿の温灸は、腰痛にも有効で足腰が弱い方にもオススメです。

 

「邵氏温灸器」を太谿に当てて、腎の働きを高めて冷えを改善し、いつまでも若々しさを保ってみてはいかがでしょうか。

小さいサイズ