Dr.Shawkea Official Blog この手で、出来る限り多くの 新薬開発に貢献したい。医学博士 邵 輝

PROFILE

医学博士  邵 輝(しょうき)

北京中医薬大学医学部を卒業後、大阪大学医学部に留学。現在は全国各地の講師・講演を務める傍ら、新商品開発に向けて研究に情熱を注ぐ。
医学博士として東洋医学と西洋医学に精通し、将来の東西両医学の発展的融合を目指す貴重な第一人者

―あなたの体チェック―part6~汗・おりもの編~

4000年健康法 | 2014-08-31

「手に汗を握る」なんてことわざがありますよね。汗でも健康をチェックすることができます。汗をかく場所で体からの信号をキャッチしましょう。

 

背中に汗をかく 一番正常な汗です。

顔(首より上)に汗をかく 気が弱くなっている状態です。働きすぎとかで体が疲れています。

胸に汗をかく 胸の汗はストレスと関係しています。自分では感じていなくても気をつけてください。

腰に汗をかく 子宮や卵巣の病気に注意。

手足に汗をかく 神経質で気を使いすぎていると手足に汗をかきます。睡眠時間が十分取れていないことが多いですね。

体の半分に汗をかく 右だけとか左だけとかに汗をかく時は、脳梗塞に要注意です。

じっとしているのに汗をかく アレルギー体質の疑いがあります。

汗をかかない 嬉しいなんて思わないでください。実はこれが一番よくないです。経絡が全部詰まっていて新陳代謝ができていない状態です。全身の病気につながるので要注意です。

 

女性はおりものでも自分の体をチェックしてほしいですね。

 

おりものではまず「色」と「臭い」に気をつけてください。色が濃くて臭いがある時は感染症を疑ってください。

 

逆に色が薄くて水っぽい時は子宮が冷えている時です。子宮の冷えは不妊の原因にもなりやすいです。

 

 

 

4000年健康法より一部抜粋  邵輝(ショウキ)

10月開講 NHKカルチャー Dr.邵輝 げんき薬膳 ~漢方の基本~

薬膳講座情報 | 2014-08-28

薬膳は4000年の歴史をもつ中国の伝統医学、人間と疾病との長い闘いの中で作り上げられた理論です。自然の姿に逆らわずに生きていくことを大切にしています。今回は、食養生など漢方の基本を学びます。

 

【内容】
▽10月13日:アレルギーを抑制、アトピー皮膚炎にも良い〔蜜柑〕
▽11月10日:お腹を温め尿漏れを改善する〔穴子〕
▽12月8日:冷えを防止し、腰の痛みを和らげる〔渡り蟹〕
▽2月9日:お正月の過食、血糖値を下げる〔玉葱〕
▽3月9日:心筋梗塞を予防 血液サラサラの〔小松菜〕
▽3月30日:薄毛対策 毛根を強くする〔若布〕

開催期間
10/13~3/30
曜日・日時
第2月曜 15:30~17:00

 

詳細・申込はhttp://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_555362.htmlよりご覧ください。

 

―あなたの体チェック―part5~便・尿編~

4000年健康法 | 2014-08-27

便も健康チェックに有効です。よくバナナのような便がいいといわれていますが、一番いい便は、トイレットペーパーを使わないような便をすることです。

 

日本でも昔、江戸時代まではトイレットペーパーなんて使っていなかったですよね。今の90歳以上で元気に暮らしている方たちはペーパーの使う量が少ないといわれています。

ペーパーをたくさん使うような便は毒素の新陳代謝がよくない証拠。解毒ができていなくて、腸の免疫が低下しているので、アレルギーやガンになりやすいですね。

 

便の次は尿で健康チェックをしましょう。

尿の場合は色と臭いに注意してください。

 

黄色い色 熱を持っています。イライラしたりストレスでも熱が出ます。そんな時は体を冷やす食べ物を取るといいでしょう。

色が薄い 体が冷えている時です。体を温める根菜類などをしっかり取るといいですね。

泡が出る 腎臓に注意。たんぱく質の取り過ぎが原因と考えられるので、肉を減らして野菜を多く取るといいでしょう。

臭いが強い たんぱく質の取り過ぎに気をつけてください。

臭いが甘い 糖尿病に注意。糖分の取り過ぎに気をつけましょう。

 

 

 

4000年健康法より一部抜粋  邵輝(ショウキ)